薄毛はシャンプーが原因の可能性も

男の髪

ひどい抜け毛や薄毛が起こる原因はいくつも考えられますが、そのうちのひとつにシャンプーがあります。
薄毛で悩んでいるという人は、適当に選んだシャンプーを使ってはいないでしょうか。
シャンプーを変えてみるだけで薄毛の改善につながる可能性があります。
どのような点に注意してシャンプーを選べばよいかを詳しく紹介していきます。

まずは配合されている成分に着目しましょう。特に大切なのが洗浄成分です。
薬用シャンプーは別ですが、一般的なシャンプーの成分表示欄は配合量の多い順に記載されています。
ふつう一番多いのは水ですので、その次に書かれている成分を確認しましょう。

ドラッグストアなどで売られているシャンプーは、洗浄力が強いラウレス硫酸Naやラウリル硫酸Naなどが配合されていることが多いです。
これら成分は洗うとすっきりしますが、刺激が強く頭皮に必要な皮脂や水分まで取り除くことがあります。
すると頭皮は乾燥して血行が悪くなり、新陳代謝の低下を招くことにつながるのです。
こうなると毛穴に栄養や酸素がしっかり届かなくなるため、生えている髪は太く成長せずに抜けやすくなります。
また髪が抜けた後も次の毛が生えにくくなるため、結果として薄毛が進行してしまいます。

地肌の負担を軽減するなら、低刺激なアミノ酸シャンプーを使うと良いでしょう。
アミノ酸シャンプーとは、アミノ酸洗浄成分がメインの洗浄剤となっているもののこと。
洗浄力や脱脂力がマイルドで、必要な皮脂や水分を地肌から奪う心配がありません。
アミノ酸系洗浄成分もたくさんあるためひとつひとつ覚えるのは大変ですが、「ココイル~」「ラウロイル~」などがついていることが多いです。
なお、中には強い洗浄成分を使用しながら、ほんの少量のアミノ酸を配合してアミノ酸系シャンプーと表記している商品もありますので、注意してください。

また、シリコンや合成香料・鉱物油などの肌に刺激となりやすい成分が入っていないものが良いでしょう。
品質の良いアミノ酸シャンプーのほとんどはノンシリコンです。
アミノ酸洗浄成分は髪の潤いも損ねませんので、ノンシリコンでもきしむ心配はありません。

ドライヤーでしっかり乾かすことも重要

地肌に優しいシャンプーを使っていても、間違った洗い方や乾かし方をしていると、それも薄毛の原因となることがあります。
ここで正しい方法を覚えて実践してください。

まず、髪を洗う前にはブラッシングします。これは目に見えないほこりや汚れを落とすためです。
髪が長い場合は、ブラッシングでもつれを解して洗いやすくなる効果もあります。

次にぬるま湯で予洗いをします。
髪を濡らすだけでなく、指の腹を使ってしっかり洗うようにしましょう。ここで汚れの大半が落ちます。
できるだけ汚れを落としておくと、使用するシャンプーの量が少なくて済み、それだけ地肌への刺激を軽減することができます。

洗う時はシャンプーを手に取って泡立ててから髪につけ、泡で包み込むようにして洗います。
地肌を傷つけないように、指の腹で洗うのがコツ。ついでに頭皮をマッサージするのもおすすめです。
マッサージは頭皮の血行を促進しますので、頭皮環境の改善に結びつきます。

最後はすすぎですが、これも重要なポイントです。
適当にさっとすすぐだけでは、シャンプーや汚れを洗い残してしまい、頭皮にかゆみや炎症などのトラブルを発生させることになります。
充分に時間を取ってすすぎ、すみずみまで洗い流すようにしてください。

洗った後は、ドライヤーをつかってきちんと乾かすことが大切です。自然乾燥は雑菌が繁殖しやすくなるため良くありません。
髪を乾かすときは、まずはタオルドライで余分な水分を吸い取ってから、ドライヤーの風をあてるようにしましょう。
近づけすぎると熱で頭皮が乾燥したり髪を傷めたりしますので、20cm程度離してかけるのがポイント。
全体の8割程度を目安に、内側までしっかり乾かしましょう。