フィナステリドと併用したいミノキシジルの効果

多様な薬

薄毛でAGAである場合、頭皮マッサージなどの自己流の方法では改善しないこともあるので、育毛剤を使うことも検討すべきです。
AGA治療薬として知られている育毛剤に配合されていることを確認したい成分にはミノキシジルとフィナステリドがあります。
クリニックでAGAの治療を行う場合、ミノキシジルとフィナステリドを併用してAGA治療薬をすることで効果的に治療ができると考える場合もあります。
しかし併用することでメリットやデメリットもあるのでどのような場合に併用が効果的であるかを知っておく必要はあります。

ミノキシジルとフィナステリドはどちらもAGA治療薬に配合されている成分で、薄毛の改善に効果が期待できます。
フィナステリドは体内の酵素である5αリダクターゼを阻害することで発毛効果が得られます。
特に男性n体内にはテストステロンという男性ホルモンが作られ、テストステロンは5αリダクターゼの酵素の働きをジヒドロテストステロンに変換され、これが毛乳頭に作用すると薄毛になります。
フィナステリドはこの5αリダクターゼの働きを阻害してジヒドロテストステロンが抑制されて脱毛を抑えます。

ミノキシジルは頭皮の血管を拡張して発毛を促進します。
ミノキシジルの作用で血液中に多量の栄養や酸素が流れ、これらが毛母細胞に供給されて発毛促進します。
また毛乳頭細胞の増殖を促すことで育毛にも効果的です。

フィナステリドは脱毛を予防して、とミノキシジルは髪の毛への栄養や酸素を増やして発毛を促進する効果があります。
フィナステリドとミノキシジルを併用するとそれぞれの相乗効果によってより強い発毛効果が期待できるようになります。
AGAの進行を抑えるだけではなく、頭皮環境も整えることで薄毛の改善と育毛が可能になります。
併用することのメリットはあるものの、単独で使用する場合よりも副作用のリスクが高まることも考えられます。

フィナステリドとミノキシジルの相互作用の報告はなく、副作用も強くできることはそれほど考える必要はないものの、性欲減退や肝機能低下などの影響はあり得るため注意は必要です。
また、併用することでのデメリットとのひとつに費用があります。
フィナステリドとミノキシジルはどちらも保険適用外なので併用することでかなりの費用が必要になり、AGA治療をするためには継続して使う必要もあるので負担になることはあります。

ミノキシジル配合のロゲインについて

ミノキシジルが配合された育毛剤で知られているのはロゲインです。
ロゲインは海外で有名なAGA治療薬で、日本で有名なリアップよりも歴史が古い発毛剤です。
ロゲインは泡状のフォームタイプと液状のローションタイプがあり、購入する方法はクリニックでの処方になります。
クリニックの処方以外は自分で個人輸入をするか個人輸入の通販サイトを活用して購入することができます。

ロゲインは海外で作られているので日本の医薬品や医薬部外品には分類されないものです。
ミノキシジルが配合され日本で発毛効果が認められたミノキシジルが配合されているために、効果は日本のリアップなどと同等と考えられています。
ロゲインに配合されているミノキシジルは、リアップにも配合されていますが、これは医薬的にも発毛効果が認められている成分です。

ミノキシジルの効果で血管拡張や毛乳頭細胞を刺激する作用などがあるので薄毛が進行した部分に新しく髪の毛を生やすことができます。
高い発毛効果はあるものの、頭髪の発疹、かゆみ、頭痛、めまいなどの副作用も報告されています。
これらの症状や他にも症状を感じた場合には速やかにクリニックに相談することが必要です。

日本で薄毛の治療をする際にリアップを選ぶこともありますが、リアップは価格が高いため、価格がリアップよりも安いロゲインを選ぶこともあります。
個人輸入の通販サイトで購入する場合でも世界的にシェアがある製薬会社が販売している点でも信頼できるものです。
育毛の治療には気長に継続して使い続けることも必要なことで、ロゲインはリアップと同様のミノキシジルが配合されている発毛剤です。
尚且つ価格も安く手に入れることができるので、専門クリニックでの処方か、自己責任になりますが個人輸入通販サイトで購入することも検討するのも良い選択となります。